HOME      製品一覧  >  キャッシュレスリーダシステム   > システム概要

キャッシュレスリーダシステムとは

OVERVIEW

ユタカ電気のキャッシュレスリーダシステムは、リストバンドや会員証/社員証等の
バーコードやICタグ情報を利用し、自販機をはじめとした施設のキャッシュレス化を実現します。
キャッシュレス図
〇 商品の購入
〇 サービスの利用
〇 入退室の管理

【接続実績】
飲料自動販売機、物品自動販売機、入退場扉、マッサージチェア、メダル貸出機、
コイン払出機、酸素エアチャージャ、日焼けマシン、各種ドリンクサーバ、
ゴルフボール貸出機、他

導入事例

INTRODUCTION EXAMPLE

日本全国のスーパ銭湯、ゴルフ場、カプセルホテル、工場、病院など様々な施設へ導入実績があります。
各施設への導入詳細につきましては以下のリンクをクリックしてください。
キャッシュレス導入イメージ図

主な特長

FEATURES

01.

各種課金システム/設備と連携

自販機をはじめ、入退場扉(電気錠/自動ドア)、マッサージ機、
ゴルフボール貸出機、その他専用機器等との数多くの連携実績があります
02.

バーコード&ICタグ両対応

JAN、NW7、CODE39などのバーコードに対応しています
また、MIFAREをはじめとした各種RFIDに対応しています
03.

リアルタイム売上通知

どの自販機から誰がいくら購入したのかといった購入情報をリアルタイムでホスト
コンピュータに通知します ※ スタンドアロンでの運用の際は仕組み上、不可能です
04.

自動販売機の改造なしの簡単取付け

紙幣識別機と同寸のため、取付金具使用により各種自販機タイプに取り付けが可能です
自販機工業規格(JVMA-01a)に準拠しております
     
     

運用方法

READING SYSTEM

媒体はバーコード若しくはICタグがございます。
バーコード方式

バーコード方式

利点 :
カード等媒体の単価がICタグより安い
欠点 :
複製が容易な為、セキュリティが弱い
規格 :
JAN、NW7、CODE39などのバーコードに対応
IC(RFID)方式

ICタグ方式

利点 :
カード等媒体に購入情報を記録することが可能
カードの当て方を問わず、データ読取りが容易
欠点 :
カード等媒体の単価がバーコード方式より高い
規格 :
MIFAREをはじめとした各種RFIDに対応

支払・購入方法

PAYMENT

硬貨や紙幣など現金を用いたお支払いとICカードやリストバンド等の併用が可能です。
自販機では取り扱えない小物や雑貨などの物品購入についてはPC-POSレジが便利です。
先払い/後払い、自動精算機による精算など、支払い方法は運用に合わせてお選びいただけます。。

資料ダウンロード

DOWNLOAD

概算費用やシステム構成など詳細につきましてはお問い合わせください。